血管マッサージで脳梗塞、膠原病、リウマチを改善

リハビリに血管マッサージを採用


榊原温泉病院は、リウマチ、神経痛、膠原病や、脳卒中の後遺症のリハビリテーション(機能回復訓練)を行う病院です。
榊原温泉の泉質は、血行をよくする効果に優れたアルカリ単純泉で、リハビリテーションに利用しています。また、2年前からリハビリテーションに、血管マッサージを取り入れています。

このマッサージに興味を持ち、「マッサージで刺激すれば、血管は拡張し、血行はよくなる。血行がよくなれば、体内に栄養や酸素が運ばれる。一方で、老廃物が排出され、それが病気や老化の改善になる」という理論に共鳴し、リハビリテーションの一貫として取り入れたのです。

血管マッサージを導入するようになってから、脳卒中後のマヒや歩行障害、膠原病、リウマチによる手足の機能障害などに顕著な改善効果が出ています。

脳梗塞の麻痺が1ヶ月でほぼ改善

次に紹介するのは実際に改善した患者さんの例です。
54歳の男性患者Aさんは、脳梗塞により、顔の右側の筋肉がマヒし、右半分に表情が作れませんでした。表情が作れない顔の右側には、シワがなく、のっぺりとした状態になります。また、舌もまっすぐに出せないマヒがあり、言葉の発音が不自由になる、いわゆる構音障害もありました。

Aさんの場合は、脳梗塞を発症してから3ヶ月の入院だったので、リハビリテーションの開始時期が遅く、常識的に考えると、その効果は、あまり期待できない状況でした。しかし、私はあきらめずに、頭、額、両ほお、鼻の両側、ま一ぶた、首といった部分に、1日に10分ほど血管マッサージを続けました。そして、顔面の筋肉のマヒが回復し、表情が作れるようになったことを意味するシワが発生したのは1ヶ月後のことです。ほぼ同時
に、舌のマヒも取れ、まっすぐに出せるようになりました。こ、りノして、構音障害が回復して言葉がうまく発音できるようになったのです。
リハビリテーションの開始時期が遅かったにもかかわらず、非常に早い回復でした。顕著な改善例でリハビリテーション・ケア合同研究大会で「血管マッサージによる機能回復」として発表しました。

82歳の女性患者Bさんは、膠原病で、皮膚が硬化し、手足の関節に激痛としびれがあるため、歩行が困難な状態になりました。さらに、唾液が出にくくなるために会話が不自由になります

Bさんには、当院で温泉入浴をしてもらった後、理学療法士による、手足を中心とした全身の血管マッサージを行うことにしました。すると、毎日20分ほど続けているうちに、皮膚の硬化が改善され、手足の関節の痛みも軽減して、だいぶ動かしやすくなったのです。

一方、唾液が出にくいことや、舌のこわばりも解消してきました。血管マッサージにより血流がよくなり、酸素と栄養が運ばれて老廃物が排出されていくうちに、歩行、会話、食事の機能が回復したといえます。

62歳の男性患者Cさんは、脳出血の後遺症を抱えていました。左手および左足がマヒし、つえを使ってようやく歩けるという状態でした。リハビリテーションのほかに、全身の血管マッサージを毎日行いました。

その後、つえなしでも歩けるようになり、退院時には、自分の足でスタスタ歩いて帰ったのです。現在では、車も運転できるようになって、不自由のない日常生活を送つています。これまで述べてきた症例からもわかるように、血管マッサージは、関節の可動域を広げるリハビリテーションを補助し、その効果を高めるという点で、非常に優れています。
私は、血管マッサージが、痴ほう呆(ボケ)の遡行防止にも効果があるのではをいかと期待しており、今後は、このようなケースにも、積極府に取り入れていき た いと 考 え て いま す 。
毒出し酵素はこちら。(スクロールして一番最後に商品リンクがあります)
posted by Impressions at 14:53 | Comment(0) | 酵素以外の療法
2016年03月22日

脳梗塞後に起きた数々の不調、だるさ、しびれが驚くほど軽減

趣味がマラソンと登山の私は、長年健康に過ごしてきました。ところが5年ほど前、山道で突然、体から力が抜け、左腕も左足もピクリと動かない状態に。
なんとか自宅に戻ってからも、左半身の様子はおかしいまま。「これはただの筋肉痛じゃない」と病院で診てもらったところ、脳梗塞と判明したのです。幸い治療のおかげで大きな障害は残りませんでしたが、左足や左手は常に嫌な感じのしびれがあり、思うように動かなくなってしまったのです。
落ち込む私を心配した息子が教えてくれたのが毒出し酵素でした。さっそく試してみると、わずか1ヶ月で体が軽くなり、明らかに体調がよくなってきたのです。発作以来、だるさが抜けずに不調を感じていた日々がウソのよ、う! 手足のしびれも快方へ向かっていると実感しています。
毒出し酵素はこちら。(スクロールして一番最後に商品リンクがあります)
posted by Impressions at 18:15 | Comment(0) | 酵素